自己破産をする前にまずは電話相談を!

借金が雪だるまのように膨れ上がり、返済の可能性がなくなってしまったとき、自己破産の手続をとることがあります。
自己破産というのは、裁判所を通じて借金が全部消されてしまう手続のことです。
現在、多額の借金で苦しんでいても、それがゼロになりますので、地獄の苦しみから解放されることになります。
裁判所が、借金返済能力がないと判断したことで、現在持っている財産は没収されますが、いま抱えている借金を全部免除してもらえる制度なのです。
自己破産は、国の法律で認められており、経済的破綻に瀕した人にも、再起のチャンスを与えるための制度です。
自己破産の手続は、地方裁判所に書類を提出し、破産宣告を受けた後、免責決定が下されます。
そうなると、借金はすべて免除されるのです。
自己破産をしても、まず、会社や近所にその事実が広まるということはありません。
一定の期間は、特定の職業に就けなかったり、ローンを組むことができなくなったりといった制約はありますが、人権そのものが奪われることはないのです。
自己破産の手続は、ほとんどの場合、弁護士や司法書士などといった専門家に依頼するのが多いです。
弁護士や司法書士の事務所には、電話相談を受け付けているところも多いです。
まずは、電話相談をして、自分の状況を説明し、本当に自己破産に踏み切っていいのか、それとも、ほかの債務整理の方法を模索するほうがいいのか、アドバイスを求めることが大事です。
電話相談で、おおよその方向性が出てくることでしょう。